医療機器 高機能緩衝材

 精密機器であり、高価格帯の商品を守るため、高機能の緩衝・包装材でオリジナル設計をいたします。

人命を左右する医療機器は、精密かつ繊細なため、輸送時には高度な緩衝・包装が必要とされています。

当社では、医療機器を構成する部品の形状に合わせ、クッション内装材を精密に設計。併せて、梱包・開梱がより効率的に行うことができ、一つの荷姿になるような収納プラン設計をご提案をしております。


お申し込みはこちら


耐衝撃性や復元性に優れた高機能素材を採用

緩衝性を高めるために、高機能を持つ緩衝素材を利用しています。
旭化成の発泡緩衝材サンテックフォームは、ダンボールやウレタンなど他素材と比較して、耐衝撃性や復元性に優れ、衝撃から製品を保護するには最適な素材です。
「より確実な保護が必要」「導電性が必須条件」「におい移りのないものがほしい」など、製品に合わせて求められるニーズにも対応します。

衝撃を吸収する緻密な包装設計

衝撃を吸収する緻密な包装設計

精密機器の輸送などでは、製品や附属品同士が触れないように設計することが肝心です。また、いざというときの落下の衝撃を吸収できるような包装設計を必ず行っています。

管理、輸送コストの低減

製品の保護に加え、いかに梱包作業をしやすくし、輸送コストを低減するかということも求められる条件です。金型を起こすほどのロットが無い場合でも、安価な木型からの製作が可能ですので、トータルでのコストダウンが可能です。さらに、共用化などの工夫により、管理やコスト面でも大きくメリットが出るような包装設計を心がけています。

使いやすさの追求

使いやすさの追求

梱包作業時の組立が簡単になったり、広げて使用できるノビノビ緩衝材設計するなど、付加的な要素にもこだわりがあります。

落下シミュレーションによる落下試験

旭化成が開発した仮想空間上で行う世界初の緩衝包装設計ソリューションシステム「PAOSS(パオス)」を使用して、お客様から製品を借りずに、外観図と落下条件だけでコンピュータ上で緩衝材のシミュレーションを行います。製品設計段階の3D図面を利用し、早い段階から包装設計の検討が開始でき、開発のリードタイムを大幅に短縮。また、従来の方法に比べて、精緻な緩衝材設計が行えるため、高い精度で緩衝材のコスト試算を行うことができます。
弊社ではこれまでに様々な緩衝材、通い箱を設計・製造し、医療用精密機器をはじめ、自動車部品、電化製品部品、店舗装飾品、電子機器部品、工業用部品などニーズにあわせた緩衝材制作の豊富な経験を持っています。

産業機器や医療機器などの高額な製品のオリジナル緩衝材の包装設計は、弊社にお任せ下さい。


その他、製品情報はこちら!


お問合せフォーム

© Oizuru Corporation. All Rights Reserved.