会社概要

代表挨拶

代表取締役社長 生出 治

株式会社 生出
代表取締役社長 生出 治

  • 日本の産業機構や経済システムは、今、転換期を迎えつつあります。消費マーケットの細分化は、企業に多品種・小ロット・JIT(ジャスト・イン・タイム)への対応を余儀なくしています。また、地球環境問題への配慮といった、新しいニーズも増加の一途にあります。21世紀を目標に「産業のパラダイムシフト」が求められる中、これほどまでにロジスティクスへの注目度の高まりを実感したことはありません。
    私たち株式会社生出は、昭和33年の創業以来、常により高度かつ高品質の緩衝包装設計技術を提供し続けてまいりました。情報通信機器、測定機器、分析器など、日本を代表するハイテク精密製品の包装を得意分野としております。私たちはそうした多くの実績をバックボーンとし、新しいロジスティクスの実現へ向けて様々なトライアルに挑戦しています。CAD / CAM、サンプルカッターの導入、製造ラインのコンピュータ化はその一例です。
    50年の歴史を持つ生出ですが、私たちはいつの時代にあってもひとつのポリシーを貫き続けてまいりました。それは、環境が大きく変化しつつある今日にあっても。このポリシーは今後変わることはありません。情報力・提案力・技術力をさらに磨き、お客様の信頼にお応えしながら、緩衝包装材の専門メーカーとしてもこれからも研磨を重ねていく所存であります。今後とも、温かいご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

社 名
株式会社 生 出(おいづる)
本 社
パッケージング事業部・エコ事業部
〒190-1221
東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ヶ崎
1188番地
TEL:042-557-0253
FAX:042-557-0742
アクセスマップ
タイ工場
Amata Nakorn Industrial Estate.
No, 700/887 Moo 3 T.Nongkakha A.Panthong Chonburi 20160 Thailand
TEL:+66(0) 38-210 757
FAX: +66(0) 38-210 763
※設立 2002年8月28日


設立
昭和33年1月
資本金
1,000万円
代表取締役
生出 治
従業員
106名(平成15年10月現在)
協力工場
東京、埼玉、川崎、静岡、名古屋、長野、山梨、栃木、福島、新潟
沿革
昭和33年 1月 現在地において生出製作所を設立、ゴム製品の加工を始める
昭和43年 4月 旭化成工業株式会社の緩衝梱包材、サンテックフォームの加工指定工場となり、緩衝梱包の設計・加工・販売を始める
昭和55年 1月 株式会社 生出に商号変更、資本金500万円で設立
昭和62年 5月 新社屋・工場完成
平成元年 1月 資本金1,000万円に増資
平成 3年10月 第二工場完成(流通加工事業部設立)
平成 7年 2月 都知事賞受賞
平成12年 2月 ISO9001 認定取得(JQA-QM-4316)
平成13年 6月 ISO14001 認定取得(JQA-EM-1602)
平成14年 8月 OIZURU(THAILAND)CO., LTD設立
平成15年 2月 トキワ印刷(株)のワンダーエコ販売代理店・加工指定工場となる
平成23年10月 東京都中小企業BCP策定最優秀賞受賞
平成24年 6月 BS25999 認定取得(JQA-B0004)
平成25年 8月 OIZURU(THAILAND)CO., LTD 第二工場完成
平成26年 5月 ISO22301 認証取得(JQA-BC0004)
主要取引先
(株)東芝青梅工場・府中工場 / 東芝物流(株) / 日本ヒューレットパッカード(株) / コニカ(株) / 日本無線(株) / (株)マブチ / (株)カイジョー / GE横河メディカルシステム(株) / (株)朋栄 / 京セラオプッテック(株) / 横河電機(株) 他 [ 順不同 ]

© Oizuru Corporation. All Rights Reserved.