サンテックフォーム


資源の有効活用の観点からも環境に優しい緩衝包装材を提案します。軽量物から重量物まで、サイズ・ロットの多少にかかわらずフリー設計でフレキシブルな設計ニーズにお応えします。

生出はサンテックフォーム加工指定工場製品情報はこちら

  • サンテックフォーム
  • サンテックフォーム

商品概要

  • 高い衝撃吸収性力と繰り返しの利用に耐えるタフな機能性。
  • フレキシブルな緩衝設計が可能。
  • 繰り返しの使用による廃棄物の削減、溶融再資源化が可能。
  • 静電防止タイプの高発泡緩衝材(サンテックフォーム)による製品の保護。
  • 組立て前(左)は平板状での流通により保管・輸送コストの削減。
  • ワンタッチ組立てによる梱包作業時間の軽減。
  • 繰り返しの使用による廃棄物の削減、溶融再資源化が可能

緩衝材としての特徴

高い衝撃吸収性

独立気泡機構の気泡壁の持つ合成と空気の持つクッション性から、極めて高い衝撃吸収性が得られます。物性は均一性に優れていますので、オーバーパッケージにならず効果的な緩衝設計ができます。

優れた繰り返し圧縮性能

サンテックフォームの衝撃吸収性は繰り返しの衝撃に対して、変化が非常に少ないことが特徴です。

タフネスで高性能は緩衝材

硬さと、軟らかさのバランスが優れた、割れ欠けの少ないタフな高機能緩衝材です。

通函内装材としての特徴

反復使用に適しています。

割れ欠けがきわめて少ないタフな素材ですので、繰り返し使用する通函内装材として適しています。

フレキシブルな緩衝設計が可能

豊富な設計データ・事例を基に機能的でフレキシブルな設計ニーズにお応えできます。

少ない廃棄物・リサイクルも可能

サンテックフォームは、使用量が少なく済み繰り返しの使用が可能ですから、廃棄物が少量で済みます。また、溶解再資源化が可能で良質の再生原料が得られます。


優れた緩衝包装材 サンテックフォーム

ワンタッチ組立て:組み立て前
【組み立て前】
ワンタッチ組立て:組み立て後
【組み立て後】

ワンタッチ組立て

組立て前(左)は平板状での流通により保管・輸送コストの削減に繋がります。組み立てもワンタッチで出来ますので、手間が掛かりません。


緩衝材付通い箱:組み立て前
【組み立て前】
緩衝材付通い箱:組み立て後
【組み立て後】

精密板金部品などの緩衝材付通い箱

  • 中の緩衝材にサンテックフォームを使用。
  • 割れ欠けが極めて少ないので繰り返し使用する通い箱の内装材として適しています。
  • サンテックフォームの衝撃吸収性は繰り返しの衝撃に対して変化が少ないことが特長です。

緩衝材付通い箱:組み立て前
【組み立て前】
緩衝材付通い箱:組み立て後
【組み立て後】

緩衝材付き通い箱

  • 内装材(サンテックフォーム)と外箱の一体設計。
  • 内装緩衝材が入ったまま、容積を1/3に縮小します。
  • 内装材のサンテックフォームは用途に合わせて設計可能です。
  • 対荷重は500リッターに対して約250kgです。
特殊ミゾ緩衝材:組み立て前
【組み立て前】
特殊ミゾ緩衝材:組み立て後
【組み立て後】

特殊ミゾ緩衝材

  • 医療機器、精密測定器などの周辺機器、その他衝撃に弱いものに使用。
  • 自動車部品、基板、特殊ガラスなどの保護材に使用。
  • サンテックフォームにより、フレキシブルな緩衝設計が可能です。

© Oizuru Corporation. All Rights Reserved.