電子部品緩衝材 特集

緩衝材の最も大きな分類の一つは、「製品用」と「部品用」。製品には製品のための、部品には部品のための緩衝包装設計、梱包方法が存在します。生出の電子部品用緩衝材は、緩衝性能はもちろん、効率的な集合梱包、製造ラインでの高い作業性、輸送中のデバイス破壊を防ぐ帯電防止対策など、総合的なノウハウの中から生み出されます。


お申し込みはこちら


電子機器の静電対策も万全


半導体デバイスや電子機器の周辺に静電気は禁物。生出では、お客様のニーズに応え、サンテックフォームの静電防止タイプを常時在庫しております。また小物類の輸送には、静電防止タイプのエアキャップもおすすめしております。


電子部品緩衝材



集合梱包の深い経験則


様々な分野の部品輸送で培われたノウハウが、生出の緩衝設計には息づいています。複数の部品をしっかりと緩衝構造で包みつつ、必要最小限のスペースに収めるのも、そのひとつ。製造ラインでのアセンブリの作業性まで考慮した、高いハンドリング性。一度使って頂ければ、その違いに気づいて頂けるはずです。


電子部品緩衝材


設計から納品までのトータルソリューション


商品の採寸、適切な素材検討、設計・試作、輸送状況に応じた落下試験、緩衝性向上のための改良修正・・・。緩衝包装設計には、ひとつとしてないがしろにできない様々な工程が存在します。お客様の商品が、エンドユーザの手元に届く瞬間まで、そのすべての道のりを、生出の緩衝包装設計が責任を持って守り抜きます。



緩衝包装設計の詳しい内容はこちら



その他の製品情報はこちら!


お問合せフォーム

© Oizuru Corporation. All Rights Reserved.