製品・加工技術開発事業

製品開発

緩衝包装設計の専門企業として、長年お客様の課題と取り組んできた私たちは、そのノウハウを活かした様々な新しい形状・機能を持った製品を規格化してきました。主要商材である旭化成の「サンテック・フォーム」の優れた素材特性を活かしたオンリーワンの緩衝材は、国内でも高い評価を受け、業界内の主要なコンテストで数々の受賞を遂げています。

表彰盾など


日本パッケージコンテスト
電気包装部門賞
旭化成 包装材提案制度 銅賞

B5からA4ワイドまでのノートPCをフレキシブルに収納。作業工数と資材コストをともに大幅に削減した。


日本パッケージコンテスト
包装技術協会
電気・機器包装部門賞

平面状の構造から、軽く捻りを加えるだけでコーナーパッド形態に変形。保管コストを大幅に削減。


日本パッケージコンテスト
ロジスティクス賞

金属製のリング部品を、そのサイズに合わせて保護する可変式固定材。


包装用緩衝材
(特許3574378号)

加工技術開発

私たちは、緩衝材を製造する上で基本となる、カット・プレス・熱貼りなどの基本プロセスの高度化はもちろん、プラダンや低発泡シートや中空素材などといった外装・仕切り用素材の高度な加工にも、協力加工会社と連携し、並行して取り組んでいます。

ルーター加工
高剛性素材の複雑な形状加工に

ウェルダー加工
リベットレスで廃棄を容易に

ヒンジ加工
コンパクト収納でコスト抑制

熱曲げ加工
シート素材の折り曲げに

端面処理加工
中空素材の水や埃の浸入防止