プラダン

 高い耐久性・加工性の汎用素材で、コストダウンと業務効率アップを実現。物流資材にもリターナブル、という発想を。

プラダン(プラスチック製段ボール)は、ポリプロピレン製の中空構造板です。その高い剛性や加工の容易さから、今日では建材、工業用部材、包材など幅広い分野で活用されるに至りました。

緩衝・包装設計の専門企業である生出も、この素材と自社ノウハウを駆使した様々な商品を手掛けています。

プラダン(プラスチック製段ボール)のノウハウ

お申し込みはこちら


プラダンの特徴

高い剛性と加工性

プラダンの特徴といえばなんといってもその強靭さ。通常の段ボール製の箱と比較して、数倍もの耐荷重を実現し、保管や輸送時の安全性・効率改善に繋がります。

そしてプラダンの第二の特徴は、その加工のしやすさ。カット、折り曲げ、接着、リベット打ちなどが容易に行え、段ボールで作られるほとんど全ての製函仕様に対応。

御社だけのオーダーメイド物流資材を作り上げて頂けます。


低コストで長持ち

他の樹脂製ボード材などと異なり、プラダンは、その中空成形ならではの低廉な価格が大きな特徴ですが、その耐久性もまた特筆すべき点です。通常の紙製段ボールと異なり、プラダンで作製した通い箱は、およそ数百回の輸送使用に耐えます。

出荷のたびに発注と在庫管理が必要な紙製段ボールと比べ、圧倒的な物流コストの低減を可能にします。


カラーバリエーションと付加機能

カラーバリエーションが豊富な点もプラダンの一つの特徴です。輸送物の種類や用途によって外装箱を色分けしたり、作業ラインごとに配色を変更するなどの機能性を持たせることができます。

厚みや強度も複数展開があり、内容物の重量に応じて使い分けが可能。また、静電気対策グレード(ブラックのみ)を使用して、粉塵の付着を低減することも可能です。

豊富なカラーバリエーション


その他、製品情報はこちら!


お問合せフォーム

© Oizuru Corporation. All Rights Reserved.