株式会社 生出(おいづる)

お電話でのお問い合わせ042-557-0253

包装のコトども

2019.01.22

トマトも摘めるマニピュレータ?

『トマトの摘み取りも、ケーキの箱詰めもできる』

こんなセールスコピーで業界を賑わすのが、
物流ソリューションを手掛けるGROUND社の提供するロボット、
その名も『スーパーピック』。
動画サイトなどで公開されているその仕事ぶりには、
思わず目を見張るものがあります。

枝に実るトマトを、青い三本指でそっと摘み取る様子や、
軽くつまんだだけで崩れてしまいそうな
ふわふわのお菓子を拾いあげるスピーディな動作は、
熟練した作業者の、一切無駄のない挙動のよう。
一つひとつ形の異なる対象物も、その都度角度を変え、
ものすごいスピードでピッキングしてゆきます。

【以下、動画のURL】
https://www.ryutsuu.biz/it/k041940.html

物流施設用のマニピュレータにも次々とAIが導入され、
こうした変則的な業務もどんどんこなせるようになっているのですね。

ちなみにこのロボットはプログラミングが必要ですが、
ディープラーニングを活用したロボットの中には、
作業を教えることすら不要のタイプ
(自分で失敗しながら仕事を覚えてゆく)も産まれつつあるとか。

こうしたことをポジティブに捉えれば、
反復・定型的な業務をロボットに任せ、
試行錯誤や工夫の中から新たな加工技術や価値を産み出す仕事に、
ヒトが全力を投入できる時代がやってくるのかも知れません。

一覧
  • 落下シミュレーション
  • エコロジー素材特集
  • 保冷箱
  • ワンタッチ組み立て梱包
ページトップへ