株式会社 生出(おいづる)

お電話でのお問い合わせ042-557-0253
  • ISO-9001/ISO-14001所得ISO-9001/ISO-14001所得
  • ISO-22301/JQA-BC000所得

包装のコトども

2019.01.22

生産性と包装業の「リアル」

 ここ最近、テレビやインターネットでも何かと取り上げられる、
「日本の低すぎる生産性」というキーワード。
製造業に従事する身の上としては、とても気になるテーマです。

先日、あるビジネス誌のコラムで、
日本生産性本部の会長である茂木友三郎氏が、
この「生産性」について寄稿されていました。

 『生産性は、産み出した付加価値を労働力で割れば算出できる。
  ここですぐに、分母である労働力を減らすことに飛びついてはいけない。
  今までになかった需要を掘りおこし、
  分子である付加価値を大きくすることを同時に行わなければ、
  ただの縮小均衡となり、余剰人員は失業してしまう(大意要約)』

思わずうーん、と唸ってしまいました。
生産性、と聞くと、つい労働効率ばかりを連想してしまいますが、
価値ある製品やサービスを同時に増大させていかなければ、
バランスが崩れてしまうのですね...
巷の言説を見ても、日本の労働効率の低さばかりを揶揄するようなものが多く、
この長期化するデフレや低迷する消費の真っただ中にあって、
「生産性の分子」であるGDP(付加価値)をなんとかして高めよう、
というポジティブな議論に至らないのが、とても残念です。

かく言う包装業界でも、とかくコストや効率性ばかりが優先されがちな昨今。
シンプルに、安く、という声が常に大多数を占めるのは事実です。
しかしその一方で、高い緩衝性や耐久性、
安全性、美粧性、そして環境性能など、
「モノの移動の現場における付加価値」を必要とされるお客様が、
確実に増加し続けていることもまた、まぎれもない『リアル』です。

そうしたお客様に、オンリーワンのモノやコトをお届けしてゆくこと、
そして、「生産性の分子 = 付加価値」を新たに生み出し続けること、
私たちはそうしたポジティブな企業を目指してまいります。

  • 落下シミュレーション
  • エコロジー素材特集
  • 保冷箱
  • ワンタッチ組み立て梱包
ページトップへ