包装・物流用語集

バーゼル条約

元々、世界180か国以上が批准する、鉛蓄電池、廃油、シュレッダーくず、医療廃棄物などの有害物質の国境を越えた移動を規制する国際条約でありましたが、2019年の改正によって、廃プラスチックの一部も規制の対象となったことで製造業を中心に注目を集めています。廃プラはリサイクルができる資源として主に途上国へ輸出されていましたが、その中に食品の汚れ等が付着したリサイクルができない汚れたプラスチックが混じっており、それはそのまま放置され、海洋流出などを通じて環境汚染の原因となっていました。現在廃プラの輸出には相手国の許可が必要となるため、国内におけるプラスチックの使用低減気運の高まりの一因となっていると思われます。当社においてもプラスチックの量を減らした環境対応型の緩衝材の取り扱いもありますので興味がある場合はご一報ください。

関連記事→
『「非」グローバル化する世界とプラスチック ~バーゼル法改正のインパクト~』